悲しい花言葉
神話より
スイセン
ギリシャ神話に登場するナルキッソスという青年は

とても美しい青年で、様々な女性に言い寄られてました。

しかし、ナルキッソスはそんな言い寄って来た女性達を

高慢に断っており、相手を傷付けていました。

そんな彼にネメシスという女神は呪いをかけました。

その呪いというのが自分自身に恋をしてしまう呪いで、

彼は水面に映った自分に恋をしてしまいました。

水面に映った自分自身ですから、彼の思いは届く事が無く、

食事も喉を通ることは無くなり、最後は動かなくなってしまいます。

そして彼が座っていた水辺には1本の花が咲いていました。

そう、その花こそが水仙なのです。

花言葉もそれに由来して、「自己愛」「うぬぼれ」と何だか悲しい花言葉に、、、。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://tmgallery.blog111.fc2.com/tb.php/766-b253f08b